■会長ごあいさつ

アートってなんだか敷居が高い。
美術館って堅苦しい。
そんな周囲の声を聞いたことがあるあなた。
かくゆう私もその一人です。
アートをもっと身近に感じて欲しくて
アート専門webマガジン「girls Artalk(ガールズアートーク)」を主宰し
情報発信やイベントを行っています。

「アート・エバンジェリスト」とは、アートの伝道師、という意味です。
敷居が高い、難しい と思われがちなアートの世界を
イベントやワークショップの実施を通じてたくさんの人につないでいく。
いわばアートと人の架け橋。
あったらいいな、をカタチにした新しい資格です。

日本には全国いたるところに多くの美術館やギャラリーがあります。
100万人の動員数を誇る「六本木アートナイト」や
経済効果46億円とも言われる新潟の大型アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」など
地域活性化に貢献するアートイベントが開催されるようになりました。
また、訪日外国人の数は増え続け、2020年には2000万人となる勢いです。
日本のアートは、ゴッホの時代から現代まで変わらずに、世界中のファンを惹きつけています。

アートの楽しみ方を伝えるアート・エバンジェリストが活躍する世界が、いままさに広がっています。

アートが日常に溶け込んでいる
人々が美術館やギャラリーを自由なスタイルで楽しんでいる

そんな世界を、たくさんのアート・エバンジェリストとともに実現させたいと考えています。


アートエバンジェリスト協会 会長
新井 まる

■プロフィール

株式会社maru styling office 代表取締役
一般社団法人デザイナーズスキル認証機構 理事
アート専門webマガジン「 girls Artalk(ガールズアートーク) 」編集長

イラストレーターの両親のもと、幼いころからアートに触れ、強い関心を持って育つ。 世界36カ国の美術館やアートスポット、アートイベントに足を運び、情報発信、アート業界の活性に寄与。

主宰する「 girls Artalk(ガールズアートーク) 」は、「ガールズトークをするようにアートの話をしてほしい」そんな想いから生まれたアート専門webマガジンである。各分野で活躍する女性ライターやモデルたちがリアルな目線で情報を発信。アート業界から注目を集めている。

トップへ戻る